事業が拡大し、労働者が増えた場合、複数の労働者が一定のルールに下に整然と職務を遂行してもらうことが必要になってきます。

就業規則ではそのために必要な業務上の指揮命令に対する労働者の遵守義務・職場秩序の維持義務・労働条件等を定めます。

就業規則が整備されている会社は、労働者の定着率が高くなり、優秀な労働者の獲得の可能性も高まります。

また、「解雇」「自己都合退職」「年次有給休暇」「減給」「残業代の支払い」といった諸問題にも迅速に、かつ、的確に対応することができます。
就業規則の作成にぜひ取り組みましょう。

なお、常時使用労働者数(正社員・アルバイト・パートの合計)が10人以上の事業所は、所轄労働基準監督署に就業規則を届け出る義務があります。