代表者挨拶
理事長 諸冨一文
当工場は林業構造改善事業の補助金を利用し平成11年4月操業、17年目を向えました。この間、木材価格の下落、プレーナー、モルダー製品の波及、乾燥材のニーズの高まり等に対応しつつ不況の木材産業の中、八女材の生産拠点として生産量を伸ばしてまいりました。
又、昨今ではバイオマスの利用促進を進め、燃料用チップを複数の温浴施設や園芸用ボイラーに供給しています。
概要
組合設立 平成8年11月18日
出資金 70,000千円
組合員 有限会社諸冨林産興業
有限会社松ア製材所
協和木材株式会社
丸国産業株式会社
末金林業
月足製材工業
株式会社馬場材木店
社員 13名
敷地面積 16,070u(4,800坪)
事業名 木材供給圏確立型林業構造改善事業
事業種目 拠点加工施設整備事業(製材加工及び木材乾燥)
事業費 517,950千円
      補助事業 289,224千円
      単独事業 228,726千円
建物 管理棟103u 製材工場1,390u
    乾燥棟331u バーカー施設117u
    養生倉庫 テント倉庫
設備 メカトロ送材車付き帯鋸盤
    自動送材車付きツイン丸鋸盤
    プレーナー付きツインリップソー
    6軸モルダー
    5軸モルダー
    熊本型低温式乾燥機2室
    高温乾燥機
    節埋め
    オート定規付きクロスカットソー
    チッパー
    バーカー
    移動式チッパー
    フォークリフト6台
    4トントラック1台
沿革
平成8年11月18日 八女林産協同組合を設立
平成11年4月   工場が完成し、稼働し始める